ウーマン

美白の天敵はシミなのです|憎き存在を消し去ろう

最適なスキンケア

化粧品

美容向上を図るスキンケアにおいて、近年は肌本来の美しさが求められています。オーガニック化粧品は肌への負担が少なくて効果的がある上に、妊娠中も安心して使えるので人気があります。日本に公的な基準がないので、海外で認定を受けることが一般的です。

More...

理想を手に入れるために

つけまつげ

まつげ美容液はまつげの量を増やしたり長く太くすることができます。そのためには毎日のお手入れが大切です。また、長く太くしたい場合と量を増やしたい場合とでは必要となる成分が異なるので、自分の目的にあった成分が入っている商品を利用しましょう。

More...

本当に肌に良いものとは

美容クリーム

化粧品の塗りすぎ、肌刺激の多さが肌荒れの原因かもしれません。肌荒れに悩んでいる方は1度シンプルケアに変えてみるのがいいかもしれません。メディプラスゲルであれば肌にも優しく、かつ全額返金制度もあるので安心して使用することが出来るでしょう。

More...

紫外線対策をする

中年女性

体内からきれいに

美白やシミの天敵といえば紫外線です。紫外線は夏に多いですが1年を通して降り注いでいます。日焼けにも2種類あり、皮膚が赤くなる場合と黒くなる場合があります。赤くなる紫外線は皮膚の奥まで届きません。つまり一時的に火傷状態になり、皮膚のバリア機能を低下させます。問題なほうが黒くなるタイプの紫外線です。これは1年を通し降り注ぐ生活紫外線です。波長が長いため皮膚の奥まで届き、メラニン細胞を活性化させ美白を邪魔し、シミの原因となります。紫外線によるダメージは皮膚以外からでも影響があり、髪の毛がばさばさになったり、目から入った紫外線により活性酸素の生成が促進されることが知られています。活性酸素により細胞がダメージを受けシミやしわの原因になります。

食生活にも気を付ける

体内で生成された活性酸素は肌のターンオーバーを遅らせるため美白が失われます。活性酸素は抗酸化剤である程度除去することができます。ビタミンCやアスタキサンチンなどが有名です。美白目的の化粧品にはビタミンC誘導体が含まれており、皮膚のターンオーバーを助ける商品もあります。また食事からの摂取としてリコピンやアントシアニンなどの抗酸化物質はシミ、しわ対策にもなるため、内面からの美白に貢献します。食事由来の抗酸化物質は安全性が高く人気があります。また化粧品やBBクリームも基本的には皮膚の表面で留まり、内部までは浸透しないため、安全性が高いです。最近では健康意識の向上から、オーガニック化粧品なども人気が高まりつつあります。